2014年11月01日

コンビニのコーヒーの進化

コーヒーが大好きです。
コーヒーは基本的にお砂糖もミルクも入れずに、そのままブラックで飲むことがほとんどなんですけど、普段は自分で自宅でドリップして飲むことがほとんどです。

缶コーヒーはほとんど飲みません。一昔に比べて缶コーヒーもおいしくなっているけど、やっぱりね。入れたてにはかないません。当然だけど。

でも、自宅で入れるのがどうしてもめんどくさい時ってあるんですよね。
そして、どうしてもコーヒーは飲みたい時があるんです。これが。

そんなとき、私はコンビニに走ってコーヒーを買っています。
特に大好きなのは、セブンイレブンのドリップコーヒー。

最近は、ドリップマシーンで入れたてのコーヒーがコンビニで買えるのが普通になってきました。
なにかの本か記事で読んだんですが、この動きをいち早くはじめたのがセブンイレブンなんだとか。

セブンイレブンのコーヒー豆は本場の高級豆を厳選して劣化したものを一粒ずつ省いているので、
豆自体の品質がかなり高いそうなんです。
そして、レギュラーサイズが100円という価格。

普通、カフェでコーヒーを買おうと思ったら、安くでも300円以上はします。
なのに、100円でカフェと同等か、下手したらそれ以上のコーヒーが飲めるんだから、
本当に便利な世の中になりました。ありがたいです、ホントに。

そんなこんなで、私としたダントツでセブンイレブンのコーヒーを押しているわけです。
あ〜、こんな記事を書いてたら、コーヒーが飲みたくなってきました(笑)
posted by まーこ at 11:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。